やっぱり運動不足が原因?ウォーキングで手汗対策

原因は運動不足!酷い手汗の治すには、ウォーキングがおススメ!

手汗の原因・治し方を求めるリアリティーショー『TEASE HOWTO』〜リビング

 

ランニングがから直子と帰ってきた治彦。

 

生活習慣が乱れまくりで、寝ぼけ眼の改次がリビングへ。

 

 

おはよう!改次!

 

相変わらず、不規則な生活だな〜。

 

生活習慣治さないと、手汗が酷くなるぞ〜 笑


 

 

 

 

おはぁよぉ〜〜〜。

 

ランニングなんて、そんな生活無理だよ。。。

 

ランニングしたって、手汗には関係ないでしょ〜。


 

 

 

ランニングだって手汗対策になるんだよ〜。

 

ランニングが嫌だったら、ウォーキング始めてみたら??

 

だってさ・・・


 

 

 

 

 

自律神経の乱れと血液と酸素

 

手汗の原因となる自律神経の乱れは、アクティブな活動をつかさどる交感神経とリラックス効果をつかさどる副交感神経のバランスが崩れることだって知ってるよね?(詳細は手汗の原因!自律神経の乱れについてをチェック!)

 

自律神経が乱れるというのは、リラックスをつかさどる副交感神経が低下して、交感神経が優位となってしまうからなんだ。

 

副交感神経が優位な状態というのは、血管が拡張し、体中に血液と酸素が回っている状態なんだよ。

 

手汗の原因となる、自律神経の乱れを解消するには、血液を循環させてより多くの酸素を取り込むことが重要ってわけ!

 

 

 

ジョギングよりもウォーキングが良い?

自律神経の乱れは、運動不足が原因になるんだ。

 

運動不足っていうのは、血流が悪くなってしまうから、自律神経が乱れるのね。

 

やっぱりランニングは辛いって人は、、ウォーキングがをお勧めだね。

 

ランニングは、筋肉や持久力や脂肪を落とすにも効果的だけど、ウォーキングと比べて呼吸が浅くなるんだ。

 

手汗対策という事だけでで考えれば、ウォーキングはランニングと比べ呼吸が深く、多くの酸素を取り込め血液の循環がよくなるから、自律神経の乱れには効果的だよ。

 

 

 

 

ウォーキングはいつやるのか?

朝起きるのはつらい・・・、その気持ちは良くわかるよ。

 

ウォーキングやランニングといえば早朝に行うイメージがあると思うけど、別に朝が効果的ってことではないんだ。

 

自律神経の乱れの観点から考えると、朝は交感神経が優位に働くようになっており血管が収縮気味。

 

それよりは、副交感神経が優位となって、血管が拡張している夜がお勧めだよ。俺は仕事があるから、夜できないけどな。

 

血流が良くなり体中に酸素が届けられると細胞の再生が促進されるんだ。

 

だから、疲労回復にも効果があって、安眠にも繋がるんだ。夜型のお前にはピッタリだろ??

 

あくまで軽い運動が重要で、体力や体調に合わせて30分から60分くらいが目安かな?

 

 

 

寝る前には注意が必要

これは注意点だけど、ウォーキングは、寝る直前は控えた方が無難。

 

ウォーキング自体は最終的に副交感神経を高める為の手助けをしてくれるけど、ウォーキング自体は一時的に交感神経を高めてしまうんだ。

 

だから、快適な睡眠には、副交感神経が優位になる必要があるけど、ウォーキングで優位になった交感神経が睡眠を邪魔してしまうんだ。

 

遅くても寝る1時間前には運動は終了していた方が良いよ。

 

 

 

ランニングだったら辛いけど・・・

 

夜のウォーキングだったら、なんか出来そうな気がする。

 

ちょっと今日やってみようかな??


 

【一番読まれている人気記事】


>>手汗にサヨナラ!【使って良かった制汗剤3選】はコチラから


手汗,原因,治し方,制汗剤,デトランス