手汗対策ならこれ!デトランスαの成分を解説

原因解決!手汗用強力制汗剤|デトランスαの成分とは?

こんにちわ!
TEASEHOWTOの住人 治彦です。

 

今回は、手汗用制汗剤で人気のデトランスαの成分について解説していきます!

 

手汗,原因,治し方,制汗剤,デトランス,

 

 

 

ALCOHOL DENAT

英語名で調べると、変形アルコールと表示されるけど、エタノールの事です。

 

主に塩化アルミニウムと汗の配合物を汗腺の置くまで運ぶ、重要な役割を担っている成分です。

 

エタノールは、殺菌、消毒、制汗効果があるので、塩化アルミニウムという成分を補助する役目をしています。

 

市販されている制汗剤にも、多く配合されている一般的な成分だから安心できますね!

 

制汗剤におけるエタノールとは?

 

エタノールというのはアルコールで、制汗剤の商品には多く利用されている成分です。

 

エタノールは水に溶けやすく、少量でも効果を発揮しやすいので制汗剤には利用しやすい成分で、近年の制汗剤に消毒用のエタノールが多く使用されいて、使用していない制汗剤はあまり効果ないとも言われます。

 

エタノールは、制汗剤において重要度の高い成分です。

 

エタノールの役割は?

 

このエタノールの役割だけど、消毒をするということが1つの役割。

 

汗をかいた後は黴菌が繁殖しやすい環境となっているから、その黴菌を除去するためにエタノールは必須なんです。

 

消毒用のエタノールが黴菌の繁殖を抑え、臭いが発生しづらい状況を作ってくれているというわけです。

 

エタノールは主に、塩化アルミニウムと汗によって生成された角栓を汗腺の深い所に閉じ込める働きをエタノールがしています。

 

 

 

Aluminium chloride

塩化アルミニウムの意味です。

 

最近注目される、強力な製汗剤に使用される成分ですね。

 

物理的に汗腺を防ぐことで、汗を止めることが可能だから、一般的な成分よりも効果が高いことが特徴です。

 

ただ、強力なメリットがあるんだけど、濃度によって、肌が荒れる場合があるので注意が必要です。

 

単純に濃度が高いと、制汗効果が高くなることはなくて、他成分と濃度バランスが大切です。

 

デトランスαはこの濃度バランスを、他の成分とうまく調整しています。

 

 

高い効果を期待される塩化アルミニウム

 

市販されている制汗剤はたくさんの種類があり、その効用も様々です。

 

その制汗剤の中で、高い効果で知られているのが塩化アルミニウムなんです。

 

塩化アルミニウムには、物理的に汗をとめる効果があって、普通のデオドラント剤より効果があると言われているのね。

 

脇、手のひらや足などの局所多汗症に効果的で、これらの治療にもよく使われています。

 

とても効果があるから、塩化アルミニウム配合制汗剤の関心が高まっています。

 

 

塩化アルミニウムの役割

 

塩化アルミニウムの役割は、汗を止めること。

 

強力な制汗剤成分である塩化アルミニウムは、汗と反応することで、水酸化塩化アルミニウムとなります。

 

それが、汗腺を塞いでくれることで、汗を止めることができるというわけです。

 

塩化アルミニウムを使うと、簡単に汗を止めることができるから、手汗に悩む人は、手汗を考えることが少なくなって、ストレスが減る事も効果も期待できます。

 

 

塩化アルミニウムのデメリット

 

このように効果がある塩化アルミニウムですが、もちろんデメリットもあります。

 

効果は強力だけど、その分かゆみやかぶれが発生する恐れがあるんです。

 

濃度によっても違うし、肌の強さによっても変わるから、使ってみないと分かりません。

 

少し痒い程度のものであったり、皮膚が激しく荒れたりする人もいます。

 

もし、そのような症状が出た場合は、使用するのをやめて、別の方法が良いですね。

 

 

 

PEG-12 DIMETHICONE

PEG‐12ジメチコンという成分のことです。

 

PEG‐12ジメチコンは、シリコンとアルキルエテールという物質からなる界面活性剤の一種で、スキンケア用品、各種化粧品、シャンプーのコンディショニングなどに最も一般的に使われるシリコンです。

 

エタノールと塩化アルミニウムを繋ぐ役割をしてくれています。

 

PEG‐12ジメチコンとは?

 

PEG‐12ジメチコンは安全性が高く、シリコン油を乳化させやすくするので、化粧品の洗浄や頭髪のシリコンの洗浄に効果があって水と馴染みやすいのが特徴的です。

 

制汗剤においてPEG‐12ジメチコンはどのような役割があるかと言うと、塩化アルミニウム溶液はそれ単体だと肌に負担が大きく、エタノールと混ぜる必要がありました。

 

ただ、エタノールと塩化アルミニウム溶液はただ混ぜるだけでは混ざりにくいので、分離しやすいんです。

 

これを馴染みやすくするのがPEG‐12ジメチコンの役割です。更にPEG‐12ジメチコンは成分を乳化させ、これらの塩化アルミニウム溶液を肌に浸透させやすくする効果もあります。

 

汗腺を小さくし制汗作用の強い塩化アルミニウム溶液、エタノールを肌に浸透しやすくさせているのが、PEG‐12ジメチコンの役割です。

 

 

 

日本未発売で薬局では販売しておらず、WEB販売のみです。
メーカー公式サイトから購入すると、初回限定価格で買えます。


デトランスα


⇒お得なデトランスαで手汗の悩みを解決する!


⇒デトランスの代替はテサランがおススメ



コスパ最強で肌にも優しい手汗用制汗剤テサランもおススメです。


⇒肌に優しい!コスパ最強のテサランで手汗の悩みを解決する!