これが原因?20代サラリーマンが酷い手汗を治した方法

手汗の原因を撲滅!20代サラリーマンが手汗を治した方法を紹介

手汗・原因・・デオドラント、手掌多汗症、克服

 

いつも仕事になると酷い手汗に悩まさせれていました。

 

キーボードやマウスはベトベト
誰かと握手することもできない
会議の時はスーツに手形がつく

 

 

プライベートの時はそんなに手汗を気にする場面はなかったんですが、仕事の時になるとなぜか?手汗が大量に出てくる。ずっと悩んでいましたが、手汗に関して勉強していく中で、自分なりに構築したノウハウで、劇的に手汗を治す事ができました。

 

今回はそんな方法を紹介していきます。

 

 

手汗の原因は何??

 

手汗の原因はストレスや生活習慣と言われています。これらが原因になるのは、自律神経が深く関係しているんです。

 

自律神経は、興奮すると心拍数が上がったり、汗をかいたり、消化するために胃を動かしたり、睡眠したり、生命を維持するために必要な活動を自動化している体の機能で、アクティブな交感神経とリラックスする副交感神経の2つが微妙にバランスをとって成り立っています。

 

 

手汗は、ストレスや生活習慣によって、自律神経のバランスが崩れて、異常発汗するのです。僕の場合は、仕事のストレスが手汗を悪化させていたわけです。

 

 

手汗対策には副交感神経を高めよう!

手汗の異常発汗を抑えるには、リラックスを司る副交感神経を高めてあげることが重要です。

 

副交感神経はどうしたら高めることができるのか?それは血流と酸素に秘密があります。

 

副交感神経が高まっている時の体の状態は、血流が良く、酸素が体内に多く取り込まれている状態です。よく緊張したら、『深呼吸』しろって言われますよね?これは体に多くの酸素を取り込んで、副交感神経を高めているのです。

 

 

手汗を治すには、この副交感神経を高める方法を実践すればいいんです。

 

 

副交感神経を高める方法

副交感神経を高めるには、先ほども血流を良くして、酸素を多く取り込む必要があると説明しました。

 

つまり、この状態を意図的に作ればいいです。

 

 

半身浴をする

女子かよ!と思われるかもしれませんが、手汗を治すには半身浴が効果的なんです。

 

血流が悪くなるのは、体が冷えていることが原因になっていることがあるので、体を温めることが必要です。

 

半身浴は、シャワーや全身浴よりも、体の中心を温めてくれます。

 

毎日の入浴方法を半身浴に変えるだけで、手汗対策になるんです。

 

 

首コリを治す

会社で仕事していると、ずっとデスクワークでパソコンばっかりって日もあると思います。

 

首というのは、血管や神経が多く集まるところですが、一日中重い頭を支えているのでコリやすいところでもあります。首コリは、血流を悪くしてしまうので、手汗には良くないんです。

 

首コリを治すには、ホットタオルがおススメ!水で濡らしたタオルをラップで包んで、電子レンジで2分くらいチンして、別のタオルで包んで、首に巻くだけ。テレビを見ている時にもできるので、おススメです。

 

 

コーヒーを止めてみる

朝はやっぱりコーヒーという人は、コーヒーを紅茶やハーブティーに変えることをおススメします。

 

ホットコーヒーでも、コーヒーという飲み物は、体を冷ましやすい飲み物で、自律神経を乱しやすくなります。反対に紅茶やハーブティーは体を温めてくれるので、自律神経を整えるには効果的です。

 

毎日の飲み物を変えるだけでも、手汗対策になるんです。

 

 

副交感神経を高めた結果は??

この3つを生活習慣に取り入れて、実践してみた結果、手汗を抑えることに成功しました。仕事の時は、いつも手汗MAXだったのが、仕事のところどころは手汗が止まるようになったんです。

 

ただ完全に手汗を止めることまでは出来ませんでした。

 

それでもやっぱり気持ち悪いので、手汗対策としてデトランスαという手汗用の制汗剤を使用しました。最初の1か月は毎日塗って、1か月後は3日に1回程度と回数を減らすのですが、簡単にできて今までの制汗剤と比べて手汗を抑制してくれます。

 

今では仕事上の手汗の悩みが解決されて、楽しく仕事ができています。

 

デトランスαの詳細はこちらで確認できます。

 

【一番読まれている人気記事】


>>手汗にサヨナラ!【使って良かった制汗剤3選】はコチラから


手汗・原因・・デオドラント、手掌多汗症、克服